ホーム 県内のニュース

国際線専用検査場を新設 宮崎空港、海外旅行者ら利便性向上

2018年3月30日

 宮崎市・宮崎ブーゲンビリア空港に30日、国際線専用の保安検査場が新設された。金属以外の危険物も発見できる検査機「ボディースキャナー」を導入。増加している訪日客や海外旅行者らの利便性向上、テロ対策の強化が図られる。


(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】ボディースキャナーが導入された宮崎ブーゲンビリア空港国際線の保安検査場=30日午前、宮崎市

このほかの記事

過去の記事(月別)