ホーム 県内のニュース

中1いじめ自殺、再調査不要 宮崎市諮問機関が答申

2018年3月29日

 宮崎市立中学1年の男子生徒が2016年8月に自殺したのはいじめが要因と認定した市教委第三者委員会の最終報告書について、内容の妥当性を検証していた諮問機関「市いじめ問題再調査委員会」(委員長・花野典子県立看護大名誉教授)は29日、「再調査は必要ない」との審議結果を戸敷正市長に答申した。戸敷市長は答申内容を確認して最終判断を下し、4月5日に発表する。


(全文は30日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】「再調査は必要ない」とする答申書を読み上げ戸敷市長に手渡す花野委員長=29日午前、宮崎市

このほかの記事

過去の記事(月別)