ホーム 県内のニュース

民家建て替え負担へ 宮崎市誤表記、条例違反建築物に

2018年2月20日

 宮崎市は、災害危険区域の水準点の標高を市が誤って表記したため災害危険設定水位を下回り条例違反建築物に該当することになったとして、民家1軒の建て替え費用など約3536万円を持ち主へ支払うことを、19日に開かれた議会運営委員会で説明した。賠償金や調査費用など3739万円を計上した2017年度一般会計補正予算案などを26日開会の市議会3月定例会へ提案する。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)