ホーム 県内のニュース

新燃、御鉢噴火警戒を 硫黄山にも注意呼び掛け

2018年2月17日

 気象庁は16日、霧島連山の新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)、御鉢(1420メートル)、硫黄山(1317メートル)に関し、臨時を含む解説情報を発表した。新燃岳では14日から火山性地震が増加し、御鉢も活発な状態なため噴火への警戒を促した。硫黄山については今後の情報に注意するよう呼び掛けている。


(全文は17日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)