ホーム 県内のニュース

少女歌劇座(宮崎市)に光 戦前、異例の全国興行

2018年2月13日

 宮崎にはかつて歌劇団があった-。京都文教大の鵜飼(うかい)正樹教授(社会学)は、約60年前まで宮崎市を拠点に活動した歌劇団「日本少女歌劇座」について調査を進めている。全国各地を旅するユニークな興行スタイルで人気を博し、戦前から戦後の大衆芸能史をひもとく上で貴重な存在という。今月は関係者への聞き取りなどのため来県を予定し、将来的には県内での資料展を開きたい考えだ。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】奈良県・大和郡山市立図書館が「日本少女歌劇座」の写真として所蔵する資料(同館提供)

このほかの記事

過去の記事(月別)