ホーム 県内のニュース

古代テーマ講演や語り 「古代歴史文化賞」記念シンポ

2018年2月11日

 古代に関する優れた書籍を表彰する「古代歴史文化賞」の記念シンポジウムは10日、東京・銀座の中央区立中央会館で開いた。神話などにゆかりが深い本県と島根、奈良、三重、和歌山県の主催。大賞に選ばれた「タネをまく縄文人 最新科学が覆す農耕の起源」(吉川弘文館)の著者で熊本大人文社会科学研究部教授の小畑弘己さんを招いて講演やパネルディスカッションを開いた。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】熊本大教授の小畑弘己さん(右)を招いて開いた「古代歴史文化賞」の記念シンポジウム=10日午後、東京・銀座

このほかの記事

過去の記事(月別)