ホーム 県内のニュース

小規模噴火の可能性高まる 御鉢警戒レベル「2」

2018年2月10日

 噴火警戒レベルが9日に「2」(火口周辺規制)へ引き上げられた霧島連山・御鉢は、火山性地震が同日朝から急増し、微動も観測されるなど小規模噴火の可能性が高まった。レベル引き上げにより御鉢周辺の登山道は立ち入りが規制され、高千穂峰も登れなくなった。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)