ホーム 県内のニュース

宮崎市本庁舎老朽化問題 2、3年後 最終方針

2018年1月12日

 宮崎市役所本庁舎の老朽化対策について検討している市は11日、「建て替え」か「さらなる長寿命化」かの最終方針を、2、3年後をめどに公表する考えを明らかにした。市議会の「新庁舎あり方検討特別委員会」(徳重淳一委員長、12人)で示した。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)