ホーム 県内のニュース

鳥フル防疫を再確認 関係者ら緊急会議

2018年1月12日

 香川県で、今シーズン養鶏場では初めて高病原性鳥インフルエンザの疑い事例が発生したのを受け、県は11日、県庁で緊急防疫会議を開いた。養鶏団体や企業の担当者ら約30人が参加。国内外の発生状況や防疫態勢を改めて確認し、県内での発生防止へ危機意識を共有した。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】県の担当者の説明を真剣な表情で聞く養鶏関係者=11日午後、県庁

このほかの記事

過去の記事(月別)