ホーム 県内のニュース

旭化成が連覇 全日本実業団駅伝

2018年1月3日

 【前橋市で山下仁志】第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロに37チームが参加して行われ、旭化成が4時間52分18秒で2連覇を飾った。旭化成は1997~99年に3連覇を達成して以来の連覇で、歴代最多の優勝回数を23に伸ばした。


(全文は4日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】2年連続23度目の優勝を果たし、胴上げされる旭化成の西政幸監督=群馬県庁前

このほかの記事

過去の記事(月別)