ホーム 県内のニュース

宮交、宮崎駅前に新ビル JRと連携、20年開業

2017年12月31日

 宮崎交通(宮崎市、菊池克頼社長)が宮崎市のJR宮崎駅西口と、隣接する同市広島2丁目の自社所有地に複合商業ビル2棟を建設し、2020年をめどに開業させることが30日、複数の関係者への取材で分かった。同駅西口ではJR九州が新駅ビルを建設し、県や市、宮崎商工会議所と再開発へ向けたプロジェクトチームを発足させており、宮崎交通がこれに加わることで、開発規模は当初の約2倍となる。


(全文は31日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)