ホーム 県内のニュース

小学教頭わいせつか 元講師女性、県警に被害届

2017年12月26日

 県北部の小学校の男性教頭から、無理やり体を触られるなどわいせつな行為を受けたとして、同じ学校の非常勤講師だった30代女性が県教委に被害申告していたことが25日、分かった。県教委や地元教委は教頭の行為の一部を不適切と認定したが、今年5月に懲戒処分に至らない訓告とした。女性は精神的苦痛から退職しており、訓告にとどめた対応に納得できないと主張。県警に被害届を提出した。


(全文は26日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)