ホーム 県内のニュース

カーフェリー新会社、資金最大140億円必要 県が試算

2017年12月8日

 宮崎-神戸港を結ぶカーフェリー航路の存続へ焦点となる船の更新について、県は7日、2隻を新船建造した場合には合計120億~140億円の資金調達が必要との想定を明らかにした。また、宮崎カーフェリー(宮崎市)から事業を引き継ぐ官民出資の新会社が、金融機関から受ける予定の融資30億円は、会社発足から約4年半で完済する予定であることも示した。


(全文は8日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)