ホーム 県内のニュース

容疑者金銭困窮か、数年前から生活保護 宮崎市殺人

2017年10月21日

 宮崎市江平東1丁目の江平四ツ目食堂の男性店主(65)を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された同市天満町、無職末永幸一容疑者(62)が、2013年ごろから生活保護を受給するなど金銭に困窮していたとみられることが、20日までに捜査関係者や容疑者周辺への取材で分かった。県警は店主との金銭トラブルの有無を含め、動機につながる手がかりなどを慎重に調べている。


(全文は21日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)