ホーム 県内のニュース

期日前投票2倍 商業施設設置が効果

2017年10月15日

 県選管は14日、衆院選(22日投開票)の期日前投票中間状況を発表した。13日までの3日間で1万5551人が投票し、前回2014年の同期比で2倍近く増加。県選管は「大学や大型商業施設に新たに投票所が設置され、より便利になった効果もある」とみている。


(全文は15日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)