ホーム 県内のニュース

周遊観光ルート模索 道幅狭い県道宮崎須木線

2017年10月12日

 小林市と綾町は、同市須木と綾を結ぶ県道宮崎須木線を活用した新たな周遊観光ルートの確立を模索している。同県道は道幅が狭く通行量も少ないことから、一部区間を時間ごとに一方通行とすることで通りやすくする社会実験を年内に行う。実現性の可否や集客効果を検証し、観光客の取り込みにつなげたい考え。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)