ホーム 県内のニュース

新富でミサイル避難訓練 中学生ら参加、県が初実施

2017年10月12日

 北朝鮮の弾道ミサイルが相次いで日本上空を通過したことを受け、県と新富町は11日、弾道ミサイルへの対応を学ぶ住民避難訓練を同町・富田中で行った。同校生徒や近隣住民約350人が参加。ミサイル発射を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)が放送され、参加者は緊張した様子で不測の事態に備えていた。県が主催する対ミサイルの住民避難訓練は初めて。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】弾道ミサイル発射を伝えるJアラートを受け、運動場から武道場に逃げ込む生徒=11日午後、新富町・富田中

このほかの記事

過去の記事(月別)