ホーム 県内のニュース

雲海荘厳に 高千穂

2017年9月19日

 高千穂町押方の国見ケ丘(513メートル)で19日早朝、秋の風物詩・雲海が見られた。町や山並みを覆う真っ白な雲が、朝焼けのオレンジ色に染められ、荘厳で神秘的な風景は訪れた観光客らを魅了していた。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】朝焼けに彩られて神秘的な雰囲気を醸し出す雲海=19日午前6時24分、高千穂町押方・国見ケ丘

このほかの記事

過去の記事(月別)