ホーム 県内のニュース

台風18号本県直撃の恐れ

2017年9月14日

 非常に強い台風18号は14日、沖縄・久米島の西北西の海上を北上した。15日には次第に東寄りに進路を変え、16~17日に九州に接近、上陸し、本県を直撃する恐れもある。台風北上に伴い九州南部付近に停滞する前線の活動も活発になるため、宮崎地方気象台は「台風接近前から大雨の恐れがあるので、早めの対策を」と呼び掛けている。


 台風18号は午後9時現在、久米島の西北西約260キロの海上を、ゆっくりとした速さで北に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径200キロ以内は風速25メートル以上の暴風域、半径390キロ以内は風速15メートル以上の強風域になっている。


 同気象台によると、台風の北上に伴い、九州南部付近にある前線の活動が次第に活発となる見込み。このため接近前から県内は大雨の恐れがあり、15日は24時間雨量が150~200ミリ、1時間雨量は50ミリの予想。16日からは台風の雨雲がかかり始め、猛烈な雨や風で大荒れとなる可能性があり、警戒が必要だ。


 また、接近に伴って発生することが多い竜巻などの突風にも注意を促しており、同気象台は「海面水温も高いため、勢力はほぼ維持したままになるだろう」としている。


台風情報はこちら

このほかの記事

過去の記事(月別)