ホーム 県内のニュース

宮崎牛3連続日本一 肉牛で総理大臣賞

2017年9月11日

 39道府県から和牛513頭が出場し、改良成果を競う品評会・全国和牛能力共進会(全共)宮城大会の最終日は11日、仙台市の夢メッセみやぎであり、本県は肉牛の部8区で、最も栄誉のある内閣総理大臣賞に選ばれた。優等首席は9区分中3区分で獲得。総合的に競う団体賞は1位と僅差の2位だった。総理大臣賞の受賞は、前回の「種牛」、前々回の「種牛」「肉牛」に続く4度目で、全国最多。3大会連続で日本一の称号を手にした。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】内閣総理大臣賞を獲得、「チーム宮崎」メンバーの歓声に応える8区代表の(左から)薬師憲一、馬場幸成、平野文宏さん=11日午前、仙台市・夢メッセみやぎ

このほかの記事

過去の記事(月別)