ホーム 県内のニュース

綾「特区」ワイン来春出荷 醸造所、来月稼働

2017年8月18日

 国の「ワイン特区」に認定されている綾町で来春、特区を活用した県内初のワインが出荷される見通しとなった。手掛けるのは合同会社「香月(かつき)ワインズ」(香月克公(よしただ)代表)で、同町北俣に醸造所が完成し、来月から稼働する予定。自然栽培のブドウによるワイン造りを目指す香月代表(43)は「ようやくスタートラインに立てた。自分が求めるおいしいワインを造りたい」と意欲を見せている。


(全文は18日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】自然栽培にこだわったワイン造りを目指す「香月ワインズ」の香月克公代表

このほかの記事

過去の記事(月別)