ホーム 県内のニュース

テレワーク県内進まず 情報、時間管理に課題 

2017年7月11日

 ICT(情報通信技術)を活用し自宅や貸しオフィスなどで仕事をするテレワーク。働き方改革で国が推進し、本県も企業の導入を後押ししている。働き手にとっては子育てや介護と仕事を両立できる利点がある。ただ、情報管理などセキュリティーや労働時間の管理で課題も多く、県内では導入がなかなか進まないのが現状だ。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】インターネット上で仕事を受注し、自宅で原稿執筆などをする武内さん=三股町樺山

このほかの記事

過去の記事(月別)