ホーム 県内のニュース

過重労働解消要求へ 県教組が定期大会

2017年6月25日

 県教職員組合(下原政広執行委員長)の本年度定期大会は24日、組合員ら約40人が出席して宮崎市の県教育会館であった。教職員の長時間労働や部活動による休日出勤の常態化といった過重労働が深刻だとして、県・市町村教委に対し、解消に向けた具体策を要求することなどを本年度の運動方針として決めた。


(全文は25日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】過重労働の解消に向けた運動方針などを決めた県教職員組合の本年度定期大会=24日午前、宮崎市・県教育会館

このほかの記事

過去の記事(月別)