ホーム 県内のニュース

伊東マンショゆかりの文化財 日本遺産登録目指す

2017年4月25日

 西都市出身の伊東マンショら今から400年以上前にヨーロッパに派遣された、天正遣欧少年使節と縁が深い同市と長崎県5市町でつくる「天正遣欧少年使節ゆかりの地首長会議」は24日、同市コミュニティセンターであった。同市の都於郡城跡など少年使節に関係する文化財の国の「日本遺産」への登録を目指し、前向きに検討していくことを確認した。


(全文は25日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】天正遣欧少年使節に関する文化財の日本遺産登録を目指し、前向きに検討することを確認した首長会議=24日午後、西都市コミュニティセンター

このほかの記事

過去の記事(月別)