ホーム 県内のニュース

津波から命どう守る 震災映画上映や座談会

2017年3月6日

 東日本大震災から6年を前に、宮崎日日新聞社は5日、南海トラフ巨大地震による大津波で被害が想定される日向市細島地区で、防災ワークショップ「災害犠牲ゼロキャンペーン『ソナウレ!~備えあれば憂いなし』」第4弾を開いた。大震災で被災した宮城県石巻市・旧門脇(かどのわき)小を舞台にしたドキュメンタリー映画「3月11日を生きて」を上映し、映画製作委員会代表の阿部和夫さん(78)=宮城県石巻市=が講演。座談会や津波避難訓練もあり、大震災を教訓に、防災や減災について考えた。


(全文は6日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】日向市細島地区の住民代表らが津波への備えなどを話し合った座談会=5日午後、日向市・細島地区コミュニティセンター

このほかの記事

過去の記事(月別)