ホーム 県内のニュース

生目の杜陸上競技場改修 6月にも宮崎市

2017年2月16日

 宮崎市が2017年度当初予算案に、生目の杜運動公園陸上競技場の改修費用を盛り込む方針であることが、15日までに分かった。地盤沈下により、トラックなどに生じた凹凸を解消するため。改修には2年前後を要する見込みで、予算規模は単年度で数億円とみられる。20年の東京五輪で事前合宿の誘致を念頭に置いており、早期に着工して間に合わせたい考え。改修中は中高生の大会やJリーグのキャンプにも影響しそうだ。


(全文は16日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】地盤沈下が起こり、トラックにできた凹凸を改修する生目の杜運動公園陸上競技場=15日午後、宮崎市

このほかの記事

過去の記事(月別)