ホーム 県内のニュース

「目井津アジ」ブランド化へ 日南・南郷の漁師ら

2017年1月30日

 ブランドアジで町おこし-。日南市南郷町・目井津港の定置網漁師や仲買業者、漁協、行政などでつくる「めいつの魚ブランド化推進協議会」(元浦亮会長)は、同港で春に水揚げされる小型マアジのブランド化に取り組んでいる。東京・築地市場で高値で取引されるなど「知る人ぞ知る」高級魚だが、一般には知られていなかった。目井津の名を冠したブランド魚として全国にPRし、港町の活性化につなげたい考えだ。


(全文は30日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】ブランド化を目指す目井津どれの小型マアジ。3~6月は脂が乗り、高値で取引される=日南市南郷町・目井津漁港

このほかの記事

過去の記事(月別)