ホーム 県内のニュース

木城で高病原性鳥フル疑い ウイルス陽性反応

2017年1月24日

 県は24日、木城町のブロイラー養鶏場で高病原性鳥インフルエンザに感染した疑いがある鶏が見つかったと発表した。宮崎家畜保健衛生所で簡易検査した結果、ウイルスの陽性反応が出た。遺伝子検査の結果も陽性であれば、飼育している6万1700羽と、管理者が同じで隣接する農場の10万6700羽を合わせた16万8400羽の殺処分に着手する。


 県は疑い事例の発生を受け、午後5時から県庁で防疫対策本部会議を開いた。



鳥インフルエンザ特集はこちら

(詳細は25日付朝刊で)

このほかの記事

過去の記事(月別)