ホーム 県内のニュース

亡き母から年賀状 川南の永友さん、20歳迎え決意新た

2017年1月9日

 20歳の我が子へ-。今年、成人を迎えた川南町川南、会社員永友拓弥さんの元に、2012年3月にがんのため46歳の若さで亡くなった母直美さんからの年賀状が届いた。母は「これから進む道を必死に生きてほしい」と、大人になった息子へ、励ましの言葉をつづっている。永友さんは「字の癖や言葉の使い方、久しぶりに母を近くに感じることができた。甘えん坊だった子どもの頃を思い出す」と頬を緩める。


(全文は9日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】「母のように強い人間になる」。亡き母から届いた年賀状を手に決意を新たにする永友さん=川南町川南

このほかの記事

過去の記事(月別)