ホーム 県内のニュース

「県内で働きたい企業ある」25% 34高校意識調査

2016年12月2日

 県内の実業系高校など34校の3年生約4500人を対象に宮崎労働局(元木賀子局長)が初めて行った意識調査で、進学を希望する生徒のうち、県内で働きたいと思う企業が「ある」と答えた生徒が25.9%にとどまったことが1日、分かった。一方、30~40歳をイメージして「県外に住んでいたい」と答えた生徒は25.3%だった。地元にとどまろうとする生徒が少なくない中、県内企業の魅力を伝える努力がさらに求められそうだ。


(全文は2日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)