ホーム 県内のニュース

児童虐待相談700件超 宮崎県内15年度、過去最多見通し

2016年5月24日

 児童虐待の疑いがあるとして、宮崎県内の3児童相談所に寄せられた2015年度の相談件数(速報値)が700件を超える見通しであることが23日、県への取材で分かった。過去最多だった13年度を少なくとも140件上回り、突出している。県は精査し、6月中にも結果をまとめる。


(全文は24日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)