ホーム 県内のニュース

口蹄疫の恩返しを NPO、日之影に支援拠点

2016年4月24日

 熊本県を中心とする地震で、日之影町に23日、熊本、大分県の被災者を支援するための拠点「ベースキャンプ日之影」が設置された。設置・運営主体の一つ、NPO法人みんなのくらしターミナル(宮崎市、初鹿野聡代表理事)は2010年に宮崎県を襲った口蹄疫の際、住民の交流スペースを開くなどサポートに奔走した経緯がある。「全国から温かい支援をいただいたので、今度は宮崎から力になりたい」と語る。


(全文は24日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】住民交流スペース「みんなのもちよりカフェ」に設置された「ベースキャンプ日之影」。初鹿野代表理事(右)らが被災地の情報確認などを始めている=23日午後、日之影町岩井川

このほかの記事

過去の記事(月別)