ホーム 県内のニュース

後方支援で図上訓練 県南10市町、大災害の対応協議

2016年2月23日

 県南部の10市町でつくる「県南部地域大規模災害対策連携推進協議会」(会長・池田宜永都城市長)は22日、首長らによる2回目の会議を都城市のホテル中山荘で開いた。首長ら約20人が出席。南海トラフ巨大地震を念頭に来年度、被災自治体への後方支援をより実効的なものにする「災害時広域連携計画」の素案を策定、図上訓練を実施することなどを確認した。


(全文は23日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】県南10市町の首長らが大規模災害時の後方支援計画策定などについて話し合った協議会

このほかの記事

過去の記事(月別)