ホーム 県内のニュース

トップアスリート育成 宮崎県内小4、6年生1次選考

2016年1月17日

 宮崎県内の小学生から五輪や国体で活躍できる選手を発掘する本県初の試み、「ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト」(県体育協会、県教委主催)が16日、宮崎市の県体育館であった。1次選考の体力テストを行い、対象年齢の小学4年、6年の男女434人が参加。今後2次選考を経て40人程度を選抜し、本県スポーツ界を挙げてトップアスリートに育てていく。


(全文は17日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】1次選考の反復横跳びに挑む児童=16日午前、宮崎市の県体育館

このほかの記事

過去の記事(月別)