ホーム 県内のニュース

参院選、野党共闘を 「市民連合みやざき」発足

2016年1月15日

 安全保障関連法の廃止などを目指して夏の参院選宮崎選挙区(改選定数1)で野党共闘を実現させようと、若者や子育て中の母親を含む市民による団体「市民連合みやざき」が14日、宮崎市で発足した。同団体によると、野党共闘を目指す市民の動きは宮崎県外ではあったが、本県では初めて。民主、社民党県連、共産党県委員会に共闘して参院選に臨むよう申し入れる方針。


(全文は15日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)