ホーム 採用案内

先輩の声1

坂田 翔麻
2015年入社(編集局報道部)

坂田 翔麻(編集局報道部)
 県警担当記者として、主に事件・事故を取材しています。取材先では「記事読んだよ」「頑張ってるね」などと声をかけられることもあり、少々恥ずかしくはありますが、励みになっています。

 会社の雰囲気は、上司や先輩社員が気さくに声をかけてくれて和やか。コミュニケーションを取る機会も多いと感じています。ただ、まだ若いといっても、取材や原稿の執筆は一人で行うので、よりよい紙面を作るという責任感は強く求められます。

 この会社を選んだ理由は、地元の良さを拾い上げるような仕事がしたかったから。グローバル化が進行する中で、ローカルが輝くためには地元の良さを伝えるメディアが必要不可欠だと感じました。

 休日は主に寝たり、外出したり、読書したり…。リフレッシュすることを心掛けていますが、いつ何が起こるか分からないので、携帯電話とカメラは常に肌身離さず持っています。