ホーム 宮日からのお知らせ

「窓」面23日付から新連載 元旭化成陸上選手・岩下察男さん

2019年8月22日
 「窓」面シリーズ自分史は23日付から、元旭化成の陸上選手で元東京五輪日本代表の岩下察男さん(78)=宮崎市月見ケ丘=の「走却十三年 努力は最後の勝利である」を掲載します。

 岩下さんは1941(昭和16)年、川南町生まれ。高鍋農業高時代に陸上競技を始め、全国インターハイ1500メートルで優勝。その後、中央大に進み、箱根駅伝の同大学6連覇時の中心メンバーとして活躍しました。

 旭化成に入社後、64年の東京五輪の5000メートルに出場。また当時、1500、3000、5000メートルで日本記録を樹立し、65年に出した800メートルの1分49秒2の県記録は、いまだに破られていません。同年には第1回宮崎日日新聞スポーツ賞を受賞しています。

 連載では、東京五輪や箱根駅伝をはじめとする各大会の思い出、13年間にわたる陸上競技人生の中で得た恩師をはじめとする数々の出会い、次代を担う高校生選手たちへのメッセージなどについてつづります。

 樫元洋さんの「ラジオは友だち!」は、本日付で終了します。

【写真】岩下察男さん

このほかの記事

過去の記事(月別)