ホーム 宮日からのお知らせ

【国文祭・芸文祭】こども記者募集 キッズプレスプロジェクト

2019年6月21日
 若い世代に文化に関心を持ってもらうため、第35回国民文化祭(国文祭)県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭(芸文祭)実行委員会と宮崎日日新聞社は、子どもたちによる取材活動「キッズプレスプロジェクト」をスタートします。小中学生の「こども記者」が取材・執筆した記事を10月~来年3月、宮日こども新聞に掲載します。

 こども記者は、県内全域から10人程度を公募。応募者多数の場合、地域の偏りなどを考慮し選考します。神楽などの伝統芸能、神話、食、音楽、演劇といった幅広い「みやざきの文化」の中から興味のあるテーマを選んで取材、原稿をまとめます。本紙記者がサポートします。宮日こども新聞で毎月1、2人の記事を掲載していきます。

 取材を前に8月11日、宮崎市の宮日会館でワークショップを開きます(保護者同伴)。記者委嘱式のほか、講師による講話、取材・撮影指導などもあります。

 こども記者の募集要項は次の通り。

 【資格】県内の小学4年~中学2年生

 【募集人数】10人程度

 【応募方法】電話かファクス、電子メールで生活文化部まで。ファクス、メールには取材したいテーマ、郵便番号、住所、氏名、生年月日、学校名・学年、性別、保護者の氏名、電話、ファクス番号を記入する。生活文化部(電話)0985(26)9307、ファクス(23)3916、メール kodomo-shimbun@the-miyanichi.co.jp

 【締め切り】7月11日(必着)

 【ワークショップ】8月11日午後1時半から、宮崎市の宮日会館11階ホールで(保護者同伴)

 【問い合わせ】生活文化部(電話)0985(26)9307

 ※応募者の個人情報は本事業の運営のみに使用します。

このほかの記事

過去の記事(月別)