ホーム 宮日からのお知らせ

「窓」面あすから新連載 県立芸術劇場館長兼理事長

2017年11月3日
 「窓」面シリーズ自分史は4日付から元NHKディレクターで、県立芸術劇場館長兼理事長の佐藤寿美(としみ)さん(69)=宮崎市=の「いつも誰かが」を連載します。

 佐藤さんは1948(昭和23)年、延岡市生まれ。鹿児島県のラ・サール高校から東京外国語大学を経て、71年にNHKに入局。2013年までの40年余にわたり「新日本紀行」やNHK特集などテレビドキュメンタリー番組の制作に携わりました。また、この間、特派員としてパリを拠点にヨーロッパで幅広く活動し、宮崎放送局長時代には「地域の応援団」を目指し、新しい番組もスタートさせました。

 連載では83年のスポーツドキュメント「江夏の21球」の制作や、93年の「クローズアップ現代」の発案といった番組づくりの思い出を通し、テレビとともに生きてきた日々を、さまざまな人たちに支えられた思い出と重ね合わせてつづります。

 中村幸一さんの「運のいい男」は、本日付で終わります。

このほかの記事

過去の記事(月別)