ホーム 宮日からのお知らせ

新春文芸、作品を募集 4部門、12月1日まで

2017年10月28日
 宮崎日日新聞社は、「新春文芸」の作品を募集しています。短歌、俳句、川柳、詩の4部門。宮日文芸の選者が特選、佳作を選びます。短歌、俳句、川柳は来年1月3日付の特集面、詩は1月8、15日付文芸面で紹介します。

 【選者】短歌は伊藤一彦、浜田康敬、大口玲子氏。俳句は布施伊夜子、本村蠻、妹尾題弘氏、川柳は間瀬田紋章氏、詩は中島めい子氏

 【出品規定】はがき1通につき、短歌は3首以内、俳句は5句以内、川柳は5句以内。詩は1編

 【応募方法】投稿は未発表作品に限ります。短歌、俳句、川柳部門ははがきを使って投稿します。作品を記入する面に、住所、氏名、電話番号を書き込んでください。詩は封書、はがきの両方で受け付けます

 【あて先】〒880-8570(住所不要)、宮崎日日新聞社生活文化部「新春文芸」係へ。はがきの表裏面、または封書の表裏面に「新春」と赤文字で書いてください

 【締め切り】12月1日(必着)

 【問い合わせ】宮崎日日新聞社生活文化部(電話)0985(26)9307

 ※応募者の個人情報は、確認連絡以外には使用しません。

このほかの記事

過去の記事(月別)