ホーム 宮日からのお知らせ

JAL「夏休み授業」 こども記者募集、7月27日

2017年6月21日
 日本航空(JAL)と宮崎日日新聞社は、7月27日に羽田空港(東京都)である「JAL夏休み学校では受けられない授業」で取材する「こども記者」を募集します。宮日こども新聞の読者で、県内に住む小学4~6年生と保護者1人の10組20人を招待。普段入ることができない施設を見学して取材し、作成した記事は後日「宮日こども新聞」で紹介します。

 27日は、宮崎空港に午前6時半に集合した後に羽田空港へ向かい、同日午後8時45分宮崎着の便で戻ります。自宅から宮崎空港までは各自で負担。都内で羽田空港以外の施設に行くことはできません。

 宮日こども新聞読者の小学4~6年生を、「こども記者」として羽田空港(東京都)に招待する「JAL夏休み学校では受けられない授業」の詳しい内容、申し込み方法は次の通り。

 【開催日】7月27日

 【対象】飛行機に興味がある県内在住の小学4~6年生と保護者1人の10組20人。記事を書くこと、安全確保のためにJALスタッフの指示に従うことが条件

 【日程】宮崎空港に午前6時半に集合。同7時40分の便で羽田空港へ行き、施設を見学、取材。午後8時45分着の便で宮崎空港に戻ります。取材した内容は後日、宮日こども新聞に掲載します

 【申し込み】児童と参加保護者の氏名(振り仮名も)、性別、生年月日とJALマイレージカードがある場合はその番号と、住所、電話番号、緊急連絡先(参加者との関係も)を記入し、〒880-8570(住所不要)、宮崎日日新聞社生活文化部「JAL航空教室こども記者」係に郵送。電子メール(kodomo-shimbun@the-miyanichi.co.jp)でも受け付けます。応募は1人1通に限ります

 【締め切り】7月5日(必着)。応募者多数の場合は抽選になります。当選者には8~10日に電話で連絡があります

 【問い合わせ】JAL宮崎支店(電話)0985(50)3327(平日午前9時半~午後6時)

このほかの記事

過去の記事(月別)