ホーム 宮日からのお知らせ

こども新聞サミット、東京で来年4月 参加こども記者募集

2016年11月8日
 宮崎日日新聞社は2017年4月3、4日に東京都江東区の日本科学未来館で開く「こども新聞サミット」に参加するこども記者1人を募集します。17年度に小学5、6年生になる県内在住の児童が対象です。

 サミットは、宮崎日日新聞社など全国の新聞社約30社が協力して開き、各社が選定するこども記者が参加。グループ別に日本や子どもの未来についてテーマ別に意見をまとめ、発表します。

 参加希望者は、サミットで話し合いたいテーマと、その理由を文章にまとめて応募してください。こども記者と同伴の保護者(1人)の航空運賃と宿泊費は宮崎日日新聞社が負担します。

■11月20日締め切り

 宮崎日日新聞社など全国の新聞社が協力して、2017年4月3、4日に東京都で開く「こども新聞サミット」に参加するこども記者の募集要項は次の通りです。

 【応募対象者】2017年度に小学5、6年生になるこども記者1人と、その保護者1人。航空運賃と宿泊費は宮崎日日新聞社が負担します。(航空運賃以外の交通費は自己負担)

 【応募条件】「格差がない社会」「ロボットが家族になる社会」「いじめがない社会」「障害者と健常者が共に活躍できる社会」など、話し合いたいテーマを20字程度、理由を200字以内にまとめ、提出してください

 【応募方法】テーマ案と、児童、保護者の氏名(振り仮名)、学校、現在の学年、生年月日、性別、住所、電話番号、保護者参加の有無を書いて郵送か、ファクス、メールで送ってください

 【宛先】郵送は〒880-8570(住所不要)、宮崎日日新聞社文化部「こども新聞サミット事務局」係。電子メール(kodomo-shimbun@the-miyanichi.co.jp)。ファクス0985(23)3916。こども記者には11月中に宮崎日日新聞社から電話で連絡します

 【締め切り】11月20日

 【問い合わせ】宮崎日日新聞社文化部TEL0985(26)9307

※応募者の個人情報は本事業にのみ使用します。


このほかの記事

過去の記事(月別)