ホーム 歩廊

世界の砂浜が一つに

2019年12月1日
 ◎…世界の砂浜が一つに―。宮崎市で9月にあったサーフィンの世界選手権「ワールドゲームス」の参加55カ国の海岸の砂が入った透明の箱が、県庁本館に展示されている=写真。

 ◎…各国の絆の象徴として、同選手権の「サンドセレモニー」で選手たちが入れた。地域で色や粒の大きさが異なる砂の層を観察できる。最上部は会場となった同市・木崎浜の砂だ。

 ◎…選手らの写真パネルも展示し、当時の熱狂を思い出す見学者も。「世界大会開催の海岸として誘客につなげたい」と県担当者。スポーツを通した活性化へ”一層”意欲を燃やす。

このほかの記事

過去の記事(月別)