ホーム 歩廊

風船を使ったアート

2019年11月22日
 ◎…ユニークな表現方法を体感―。大小さまざまな大きさの風船を使い、宮崎市出身の画家・瑛九の作風を意識して絵を描くイベントが21日、綾町の綾てるはドームであった=写真。

 ◎…県立美術館の収蔵作品を出張展示する催しの一環。参加者10人が同町のアーティスト玉田圭詮(けいせん)さん(27)の指導で、絵の具を塗った風船をキャンバスに押しつけるなどして描いた。

 ◎…最後は全員がサインを書き込み、約3時間で長さ約10メートル、幅1・6メートルの作品が完成。24日まで同所で展示されるとあり、参加者は「芸術家の気分」と気持ちが膨らんだ様子だった。

このほかの記事

過去の記事(月別)