ホーム 歩廊

思い出を紡ぐキャップ

2019年10月23日
 ◎…全て一点ものです―。来春に創立100周年となる宮崎市・小戸小の卒業生が販売しているオリジナルのキャップ=写真=が人気だ。参観日などで売り出され、いつも完売している。

 ◎…手作業で校名が刺しゅうされており、糸や布、書体が異なり、どれも風合いが違うのが特徴。500円で販売され、売り上げの一部は記念誌の発行に充てられる。

 ◎…友達とおそろいで買う人も多いという。作成に携わる岩切佳予子さん(47)は「このキャップをかぶって、たくさん思い出を紡いで」と小さな刺しゅうに愛校心を込めている。

このほかの記事

過去の記事(月別)