ホーム 歩廊

ネコ医師

2019年10月19日
 ◎…頼りになる助手です―。宮崎市清水3丁目の篠原動物病院の雄の飼いネコ「ゴーくん」は同病院の看板猫。白衣をまとうかわいらしい姿に来院者は癒やされている=写真。

 ◎…生後間もなく捨てられていたところを保護され、2年ほど前に同病院で飼い始めた。けがや病気の動物が来院すると、優しく頰を寄せるなどして出迎え、診察にも立ち会う。

 ◎…「診察でおびえる動物もゴーくんがそばにいると落ち着く」と篠原理絵副院長。スタッフは「ドクターゴーくん」と呼び、多忙な日々を猫の手を借りて乗り切っている。

このほかの記事

過去の記事(月別)