ホーム 歩廊

公開アート制作

2018年6月2日
 ◎…福岡市を拠点に国内外で活躍する現代アーティスト沖賢一さん(36)が、宮崎市・若草通りの洋服店「wagon」のショーウインドーをキャンバスに、公開制作を進めている=写真。2日まで。

 ◎…作品の中心は沖さん考案の書体による英文。直線だけで書く細長い文字をオリジナル商品のデザインとして取り入れている同店が「宮崎でもアートを身近に感じてほしい」と制作を依頼した。

 ◎…沖さん自身が「読みにくい」と話す文字は模様のようにも見え、道行く人も「何と書いてあるの」と興味津々。解読には何度も通う必要がありそうで、同市懸案の市街地活性化にも役立つかも。

このほかの記事

過去の記事(月別)