ホーム 歩廊

日本の文化学ぶ

2018年5月20日
 ◎…日本文化に親しんでもらおうと、県青年国際交流機構(荒武千穂会長)は19日、宮崎市清武町の市安井息軒記念館の茶室で、外国人を対象に浴衣の着付けと茶道の体験会を開いた=写真。

 ◎…韓国やモンゴルなど4カ国の出身で市内在住の7人が参加。荒武会長(58)が英語で作法を説明し、色鮮やかな浴衣を着た参加者は見よう見まねで茶わんに手を添えたり、お辞儀をしたりしていた。

 ◎…慣れない抹茶の味に「ギブアップ」と飲みきれない参加者も。ただ、「単純な動作にも相手を思いやる気持ちが込められていて奥が深い」「また教わりたい」と和の心を味わっていた。

このほかの記事

過去の記事(月別)