ホーム 歩廊

希少な聖木が開花

2018年3月30日
 ◎…希少な聖木を初公開。宮崎市の宮交ボタニックガーデン青島大温室で、国内の栽培事例が少ない「ハナモツヤクノキ」が開花=写真。野趣あふれる朱色の花が、来園者の目を楽しませている。

 ◎…同園によると、インドから東南アジア原産で、ヒンズー教では宗教儀式に使われる聖木とされる。2メートルほどの木1本に200余りのつぼみが付いており、4月中旬ごろまで花を咲かせる。

 ◎…落葉後、朱色の花を木全体に咲かせる姿から、英語圏では「森の炎」とも呼ばれる。同園担当者は「めったに見られない貴重な植物。色合いをじっくり見て」とPRに燃えている。

このほかの記事

過去の記事(月別)