ホーム 歩廊

選挙啓発サークルが法被作成

2017年1月8日
 ◎…宮崎公立大の選挙啓発サークル「ライツ」(遠山大樹代表、25人)は自らデザインした法被を作った=写真。8日に宮崎市若草通りで、新成人に対する選挙啓発活動時に着用する。

 ◎…サークル名は英語で「権利」「明るい」の意味のライトから付けた。背面は電球をモチーフにしたキャラクターが投票用紙を手に「選挙で未来を明るく照らす」と呼び掛ける絵が描かれている。

 ◎…来年2月には宮崎市長が任期満了を迎える。若者の投票率低下が叫ばれている中、法被を着たライツの啓発活動で、若者の投票率アップにつながる明るい道筋を照らせるか。

このほかの記事

過去の記事(月別)